伝統の郷土料理

牧場

「ご当地グルメ」と呼ばれるものがあります。その土地の特産品などを使った料理で、その土地ならではの味が楽しめます。
特に、その土地の歴史が関係しているご当地グルメは、食べる楽しさだけでなく知る楽しさも提供してくれるということで、多くの人が注目していることでしょう。
伝統的に食べられてきた「郷土料理」です。山梨の場合、伝統を感じさせるご当地グルメとして挙げられるのは「ほうとう」です。山梨県内のいたるところに「ほうとう」を美味しく食べさせてくれるお店があり、昔ながらの味を楽しめるお店もあれば、現代風にアレンジして全世代が楽しめる味を提供してくれるお店もあります。
「ほうとう」は、一見すると「うどんの煮込み」のような料理です。一般的なうどんよりもはるかに太い麺を使い、ふんだんに野菜や肉を入れて味噌煮込みに仕立てた料理です。
現代風のアレンジとして、たとえば山梨にはキムチ煮込みに仕立てた「ほうとう」が味わえるお店もあります。
冬に食べれば体の底からポカポカと暖かくなる料理で、気力体力ともに充実。楽しい分、疲れやすい観光旅行のさなかにいただくグルメとしてもうってつけです。
この料理は昔から山梨の家庭料理として食べられてきただけでなく、かの有名な戦国武将、武田信玄が愛した料理としても知られています。シンプルに料理することができて美味しく、しかも気力体力をバッチリ満たすことができたこの料理は、武田軍が天下統一を目指して遠征をするとき、野戦の際の食事として用いられてきました。
勇猛果敢で知られた「武田の騎馬隊」のパワーの源は、こんなところにもあったのです。

注目の記事