海の幸もあります

神社

まわりを東京都、静岡県、長野県などに囲まれている山梨県は、島国である日本には数ヶ所しかない「海のない県」です。
当然ながら山梨のグルメ、特に伝統的なグルメは「山の幸」を中心にしたものと思われがちです。実際、伝統グルメとして知られる「ほうとう」は、野菜や肉をうどんの極太麺と一緒に味噌で煮込んだ料理だし、名産品の多くは、ソバやフルーツなど山や畑で採れるものが主となっています。
しかし意外にも、山梨には特産グルメの一つとして、「アワビの煮貝」というものがあります。
アワビというのはもちろん貝のアワビで、じっくり味がしみこむまで煮込んだアワビのぷりぷりの触感がおいしく、品のある香りや口当たりが特徴的な料理となっています。
「海がない県なのになぜ?」という疑問はもっともですが、もちろんその理由はあります。かつて戦国時代には武田信玄が支配していた山梨は「強国」であり、現在は静岡県と呼ばれているエリアからふんだんに海の幸を仕入れていたという歴史を持っています。
もちろん山梨自体は海から遠いわけですから山梨に住むすべての人が口にできたわけではなく「高級料理」だったわけですが、そのレシピは戦国時代が終わってからも、江戸時代、明治時代、そしてその後も連綿と受け継がれ、今も静岡産のアワビを使った「アワビの煮貝」が、山梨グルメのひとつとして知られているのです。
雄大な山々の風景を堪能したあとで、しょうゆベースの煮ダシの合間にほのかに潮の香りが感じられるグルメを、味わってみてはいかがでしょうか。

注目の記事